シッパーキーフィオのページ


by fio-arrow2

<   2007年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ご心配をお掛けしましたが、シェパ無事に抜糸しました。
抜糸といっても針金のようなもので縫っていたので、ペンチみたいなもので
ぱちぱちと切ってはずして。痛がらずおりこうさんにしてました。

連れて帰って明け方までに4,5回吐いたことと、お昼前くらいまで麻酔が抜けなかったことを報告すると、
「僕が考えていたより2割くらい回復が遅いな。やっぱり年と心臓の影響がでてるな」・・・と。
「手術中も、呼吸におかしな時があったし、もうこの犬の手術はできたらやりたくないな。ひやひやする。今度(手術するようなことがあったとき)はあきらめて。」と冗談交じりに言われてしまった。orz。
でも、なんかあったらお願いしますから~。先生残念!我が家に取り憑かれたのが運の尽きです。フッフッフ。(でももう何も無いことを祈る)

この先生、腕はいいのですが犬は基本的に噛むと思っているので診察時は必ず「顔持っていて」と言われる。パッと見ただけで、性格も大体分かるらしくシェパはシャイと見抜かれ、フィオは気が強いと言われた。=噛む(先生主観)  
何度もシェパはシャイだけど噛まないと言うのだけど、その度「いや信用できん」と。
今回シェパを手術してもらってシェパを見る目が少し変ったらしく、
「この犬は、シャイだけど、危険な犬ではないなぁ」とのこと。
「そうなんですよ!シェパはシャイだけど噛んだり唸ったりという方向に行きません。ただただ固まるだけです!」と力説!(爆)
「危険なのはシッパーキーの方で、今度、去勢手術をお願いしたいのですが・・・」と言うと
先生:「あの犬か~!あれはキッツイな~。あの犬は預かれって言っても預からんよ!まあ、預かれとは言わんだろうけど(手術が)済んだら連れて帰って!」
えぇえぇ、言われなくても連れて帰りますとも!(笑)
ちなみに先生に向かって唸ったことも噛んだこともありません。

で、そのフィオ。
お正月休みが終わり、寝不足でフラフラのまま迎えた仕事はじめ。
ずっとべったりだったお休みの次の日は、出かける時、いつもすごく切ない吠え声を発するフィオが、今回はそれがなく おぉ!大人になった!と感無量だったのもツカノマ。

帰ってきてケージから出すといつもは排便にダッシュなのに、いきなり私に飛びついて、あわてて抱っこすると「ガルルルルルッ!」と唸るわ手に噛み付こうとするわ。思わず落っことしそうに。
「留守番させてなんだよっ!」と怒っているのか。「去勢の相談しやがって!」と言っているのか。「なにうなッとるんだっ!やるんかいっ!」と顎の下引っつかんで凄んだら止めたけど。

フィオの状態から見て想像するに、うれしすぎて興奮しすぎてやっちゃったみたい。
でも興奮しすぎて唸る犬って・・・。orz。

はぁ~~~、今年も波乱の一年になりそうです。トホホ。

抜糸前のシェパ
f0043667_18553720.jpg

抜糸後の跡
f0043667_18555291.jpg

おまけのフィオ
f0043667_18573790.jpg

[PR]
by fio-arrow2 | 2007-01-10 14:07
あけましておめでとうございます!
今年もよろしくおねがいします!

突然ですが、年末にシェパが脂肪腫の手術をしました。
手首にできていて、以前先生に診せに行ったら悪性ではないし、
大きくなるようなら取りましょうということでしたが、
いよいよ大きくなってきましたので、手術に踏み切りました。
結果、きれいにとることができました。
以下忘備録代わりに。

夜7時から手術開始。
鎮静剤の注射と、麻酔がかかるのを見届けた後病院を後へ。
9:30までに電話がなければ、厳しいと思ってくださいといわれていたので、
9:30過ぎても電話がなかったときはどうしようかと最悪のことばかり考えていました。
45分ごろ、連絡があり、急いで病院へ。
脂肪腫はピンポン玉を半分にしたより少し大きいくらいの大きさで、
血管に癒着しかけていたそうです。
取り出したものを見せていただいたのですが、周りにかなり血腫ができていました。
シェパはまだ麻酔が6割くらい効いていて、自分で立てないくらい。
麻酔から目が覚めたとき、私を探してヒーヒー鳴いていたそうです。
傷口からは少し出血していましたが、痛がるそぶりはなし。
とにかく暖かくしてやってといわれていたので、エアコンの温度を28度設定に。
ヒーターの上で横になっているので、その上から毛布をかけてやる。
いつもなら嫌がるのに、おとなしく寝ている。
帰ってから明け方まで4,5回吐く。これは先生から「吐くよ」といわれていたので予定内。
吐いている時、フィオも心配そうに起きるので、それで私も目がはっきり覚める。
朝、一番に排便に出す。後ろ足がまだおぼつかない。かなり寒い朝。
しっこを済ませて家に入れるまで3分くらい。
部屋に入ると体がぶるぶると震えている。慌てて毛布をかけてあったかくしてやる。
8:00頃朝ごはんを人肌に暖めて食べさせる。抗生物質、痛み止め入り。食欲は旺盛。
10:00頃くらいから本格的に寝る。(痛み止めが効いてきたかも)
2,3時間後かな?起きた頃に再度、排便へ。少し足がしっかりしてきた。
夕方まで何度か寝ては排便を繰り返す。晩御飯を食べて排便。

傷口をなめないようにと、体調を見るため、ずーっと付きっ切りで1階のコタツで寝ているので
腰が痛く、寝不足でもあり、かなりつらいのですが、シェパは日に日に元気になっております。
元気な姿の写真を撮って載せたいのですが、とにかく疲れていて、ぐっすり眠れないので
今は余裕がなく気力が沸いてきません。
抜糸が無事に済みましたら、皆様のブログにもお邪魔しようと思っております。
それまでの失礼をお許しください。
[PR]
by fio-arrow2 | 2007-01-02 21:45